2日目:ウルムチからカシュガルの机上-天山山脈の絶景

2日目からやっと本番です。
午前の便でウルムチからカシュガルへと向かいます。

国内線ではよくあることで空港と直接連結で機内へ乗れるのではなく小型のバスで空港内を走ってから乗り込まなくてはなりません。

ウルムチより南方航空機

続々と乗り込んでゆきます。

ウルムチ-カシュガルのような地方都市同士を結ぶ便はかなり小型の便で運航がなされています。きっとローカル路線はあまり乗る人が少ないのでしょう。

ちなみにウルムチからカシュガルまでは車だと1,300キロほどあり、寝台列車だと丸1日かかります。飛行機だと1時間ちょっとで行けるので値段は高いですが便利ですよね。

天山山脈がとにかく美しかった

このウルムチ-カシュガル便はちょうど天山山脈の頭上を横切るルートになります。幸い今回は乗った機体が新しかったので窓もキレイで写真もきれいに撮れました。

夢中になって数十枚ほど撮った写真の中からお気に入りを紹介します。

ウルムチ上空から市内を望む

こちらはウルムチの上空から市内を撮った写真です。

天山山脈と雪

8月の終わりの時期ですが山頂には雪が残っています。なんとも美しい。

天山山脈を抜けたところ

ちょうど天山山脈を抜けたところです。

山と緑のコントラスト

段々と緑が目立ってきました。

カシュガルの市内付近

カシュガル市内の付近に入ると農村地帯が見えてきました。

間もなく到着です。

思いがけず机上から絶景を楽しむことができ満足でした。

カシュガル空港周辺の様子

空港に到着して荷物を受け取り、いざ外に出ると周辺には決まったように白タクのドライバーたちがたむろしています。

それだけならまだ関係ないのですが普通のタクシードライバーも客引きをしています。例えば「市内まで〇〇元で」と言った具合にです。

しかしカシュガルの場合には市内まではさほど遠くないのでドライバーの言い値で乗るとぼったくられる仕組みになっています。一応空港周辺の駐車場には警官もいるのですが取り締まるのは難しいようですね。

それで普通のタクシーに乗るときでも言い値で値段を決めるのではなく、きちんとメーターを回してもらうよう強く言いつけましょう!

次はカシュガル市内の観光です。

スポンサーリンク


このページの先頭へ