香港エクスプレスUO624-無料の飲み水はどこで入手する?

ミネラルウォーター

香港エクスプレスを利用されている方は、できるだけ費用を抑えて旅行を楽しみたい方たちだと思います。

それにしても空港内の商品はどれも割高ですよね。

ミネラルウォーターにしてもエビアンとかだと20香港ドルしたり、結構な出費になりますよね。それで今回は「水代」を上手に浮かせるコツをご紹介します。(2016年9月現在の情報です)

保安検査場に入る際に準備しておくこと

空港の保安検査場に入る際には、ペットボトルは持ち込み禁止になっていますよね。それで直前で飲み干したり、諦めて捨ててしまうことが多いでしょう。

この際に、ペットボトルの水だけ抜いていおいて(飲んでもOK)、空のボトルだけ持ち込みます。(あくまでの空の容器なので、問題ありません。水筒でも同様です)

それで、保安検査場を通過した後、「とある地点」で水を供給します。

それは・・

乗り場の地点に無料のウォーターサーバーがある

香港エクスプレスUO624便はリーズナブルなだけあって、乗り場までかなり歩かされます。

第二ターミナルでチェックインをして、そのまま保安検査場に向かいます。チェックを終えて道なりに進むと、自動運転の地下鉄のようなものに乗り込みます。

2016年9月時点の情報として、地下鉄で乗り場のターミナルまで向かいます。(多分第一ターミナルの位置)

乗り場のある建物まで到着して、さらに長い距離を歩きます。(香港エクスプレスのようなLCCは安い分、乗り場が奥なんですよね・・)

この時に売店に置いてある「エビアン」を見向きもせず、ひたすら歩きます。

空港内の様子

ずっと歩いてゆくと・・

空港内のスタバ

スタバもありますが、さらに歩いてゆきます。

すると・・

空港内の水汲み場

水汲み場にたどり着きます。
バックパックを背負っている人たちも水を入れていますね。

ウォーターサーバーと空のボトル

このように、ウォーターサーバーの横に取り換え用のボトルが置いてあります。

しかし中には・・

使い終わったウォーターサーバー

すでに使い終えて空になっているのもありますので、ご注意を。
もしどこにも水がなかったら、あきらめてエビアンを購入しましょうね。

設置されているウォーターサーバーの目的は、ペットボトルを満タンにするためではなく、あくまでも「その場」で飲むための物だと思いますので、他の乗客への配慮も忘れないようにしましょう・・

目的としては、搭乗前にちょっと水分補給する程度と言うことで・・

香港エクスプレスの乗り場は一番奥

香港エクスプレスの乗り場は一番奥の「219ゲート」でした。(執筆時点)
LCCなので、やっぱり一番奥なのでしょう。

まとめ

「どうしても節約したい、エビアンは買いたくない」という方は219ゲートにたどり着くまでに何箇所かウォーターサーバー設置点がありますので、空のペットボトルか水筒を持って行きましょう。

スポンサーリンク


このページの先頭へ