香港国際空港からA43に乗って上水まで行き、羅湖を通って深センへ行ってみた

中国の広東省やその周辺地域に行くのに香港経由で行かれる方は少なくないと思います。しかし香港国際空港から深センまでどうやって行けば良いのか意外と情報が多くありませんでした。

実際に使ってみたので香港から陸路でどのように深センまで行けるのか解説します。

香港国際空港からA43のバスに乗るのがポイント

香港国際空港に到着したならバスターミナルへと向かいます。

位置は一階にある案内板を見ながら行けばさほど難しくありません。

バスターミナルの案内板

外に出るとバスターミナルの案内板があります。
案内板の斜め後方にバスの切符売り場があるので、ここで切符を購入します。

切符売り場

こちらが切符売り場です。
北京語(中国大陸の標準語)も通じますが、もし中国語が話せないのであれば「A43 上水」と紙に渡せば売ってくれると思います。運賃は31香港ドル程度です。

A43乗り場

A43の乗り場です。
昼間であれば大体20分おきにバスが来るのでさほど待つこともないでしょう。

香港の景色

高速道路を走ってスムーズに行けば1時間弱で上水駅に到着します。
山や海の景色を見ながら走るのでちょっとしたドライブコースにもなりますね。

そうこうしているうちに上水の駅に到着です。

上水駅

バスは上水駅前で停まります。
こちらが駅の様子です。香港は中国へ返還されましたが何となく日本の風景と似ています。

上水駅の切符売り場

上水駅の切符売り場。

切符の購入方法は目的地の「羅湖」の部分をタッチしてお金を入れると1回だけ使える交通カードが出てきます。たった一駅なのに23.5ドルもしました。中国との物価の差を実感した瞬間でした。

上水駅の改札口

上水駅の改札口。
大陸に住んでいる私にとっては、まるで日本のような風景に見えました。

切符

こちらが切符です。
入る時にはタッチして入場して出る時にはカードを吸い込む部分があるのでそこに入れます。

注意!上水からは羅湖行きと落馬洲行きの二種類がある

ここで気を付けたいのが上水から「羅湖行き」と「落馬洲行き」の二種類の電車が出ているのです。どちらも終点のイミグレーションに着くのですが、今回の目的は「羅湖」を経由して深センに入るので羅湖行きの電車に乗ります。

(もし深セン空港:宝安空港に行くのであれば「落馬洲」のイミグレーションを通過して深センの地下鉄に乗って行くほうが近いです)

1番乗り場へ行く

1番乗り場へ向かいます。
ちゃんと行き先が書かれているので心配ありません。

駅のホーム

ご親切にホームもきちんと乗り場の立ち位置を分けています。

羅湖駅-イミグレーションへ

羅湖駅に到着すると直接イミグレーションに通じます。
手続きは二回あり、香港から出るのと中国への入境です。どちらも外国人のレーンに並べばOKです。

今回は中国入境の手続きに手間取りました。

理由は係員のお昼時間帯で人が少なかったからです。昼の時間もサービスを維持するために人員を確保するのではなく、食べに行っちゃって係員が少なくなるのはチャイナスタンダードですw

ココら辺から「中国に帰ってきた感」が味わえます・・

手続きをひと通り終えると深センに入れます。
何となく空気感が香港と違うように感じます。街が汚かったり、白タクの勧誘がうるさかったりと・・「ああ、中国だなぁ」と感じる瞬間です。

まとめ-時間の余裕をもって行動しましょう

私は週中の昼間の移動だったのでさほど混雑には巻き込まれませんでしたが、朝夕や週末はかなりの混雑が予想されます。

A43のバスに乗るのにも人が多いと直ぐに乗れないかもしれませんし、特にイミグレーションでは混雑すると思うので十分な時間の余裕を持ってフライトなどの予定を立てた方が無難だと思います。

時間ギリギリだと結構ストレスになりますよね・・

スポンサーリンク


このページの先頭へ