中国からベトナムへ国境越えする方法:南寧-友誼関-ハノイルート

中国からベトナムへ国境越えする方法は幾つかあります。例えば雲南省から河口を通りベトナムへ抜けるルートです。ただしこの場合は雲南省なので人によっては不便かもしれません。

例えば桂林に行った後ベトナムのハノイへ行くとしましょう。

この場合は桂林から南寧(広西省の中心)まで動車(中国の高速鉄道)で行って、南寧からハノイまで電車あるいはバスを使っていく方法があります。

バスを使って友誼関という中国とベトナムとの国境を越える方法をご紹介します。

[関連記事] 友誼関の紹介

まずはチケットの入手

南寧駅から歩いて10分ほどの所に運徳ホテル(中華路と友愛路の交差点付近)がありますが、そこの1階がバスターミナルになっています。まずはここでハノイまでのチケットを購入。

運徳ホテル1階

こちらがホテルの外観です。

バス発着場

1階の乗車券売り場の奥がバスの発着場になっています。

ここから出発します。

南寧の都市から友誼関までは車で3時間程かかります。
バスも日本の高速バスと同じタイプですし、ほとんど高速道路を走るのでさほど疲れません。

バス車内の様子

バスの車内の様子。
中国の高速バスでは一般的に映画が延々と流されているので、見たくない方は耳栓を持参されるかヘッドホンで心地の良い音楽を聞きましょう。

バス車内から風景を眺める

バス車内から撮影。
中国の南方の景色って独特ですね。桂林とかをイメージさせますね。

友誼関に到着する前に1回トイレ休憩があります。
車を降りると待ち受けているのは・・

両替屋

両替屋の人たちです。(ヤミ両替)
他にも携帯カードとか売っています。ちなみに友誼関にも同様の人たちがいます。

法律に基づき両替は正規の所で行いましょう・・

そうこうしているうちに友誼関へ到着です。
ここから中国出国の手続き-ベトナム入国の手続きを済ませてベトナム側のバスに乗ればハノイへ着くことができます。

スポンサーリンク


このページの先頭へ